ニュース - 2011年03月

東北関東大震災につきまして

2011/03/14

 3月11日に発生致しました東北関東大震災につきまして、仙台勤務のなかにしの安否を多数お問い合わせ下さいましてありがとうございました。地震発生時はちょうど東京でリハーサル中で、翌日大学業務のためにまたすぐ仙台に戻る予定にしておりました。東京の自宅は本棚やタンスが倒れて片付けるのに2日間かかり、北仙台のマンションはどうなっているものか見当もつきませんが、本人はいたって無事でございます。本当にありがとうございました。

 勤務先の宮城学院には、地震発生当時、卒業式のガウンの貸し出しのため大勢の学生が登校しておりましたが、迅速な危機管理対応が取られ、幸いにも怪我人等はありませんでした。3日経った今もまだ大学に避難したままの学生がおり、学長はじめ教職員の皆さんが守って下さっております。春休み中のことで、在住地域によってはまだ安否確認ができていない学生が多数おり、ご自宅を失ったり、ご家族を失った学生もいるようです。これからどのように支えていけばよいのか、案じながらも心を強く持たねばならないと思っております。

 ひとりでも多くの命が救われますように、復興への力を与えられますように。

                                                  なかにしあかね

ヘンデル・フェスティバル・ジャパン《エイシスとガラテア》の評を頂きました♪

2011年1月13日浜離宮ホールで行なわれましたヘンデル・フェスティバル・ジャパン《エイシスとガラテア》公演の評を、『音楽の友』3月号に掲載されました。

「・・・エイシス役の辻裕久をはじめ4姪のソリストが発音に深く傾注・・・有名な二重唱「Happy We!」を代表格にどの曲も流麗に歌い上げた」各ソリスト、合唱、オーケストラについても暖かな賛辞を頂きました。(岸純信氏)

2009年のヘンデル没後250年の後、さらにパワーアップして行けるよう精進して参ります。ありがとうございました。

RSS 2.0

Page Top