ニュース - 2009年09月

CD日本歌曲第4集「團伊玖磨(Ⅰ)/中西覚」リリースされました!

2009/09/26

前回「日本歌曲第1集 瀧廉太郎/山田耕筰(Ⅰ)」に続き、「第4集「團伊玖磨/中西覚」のレコーディングに参加致しました。

辻裕久・なかにしあかねの演奏曲目は

中西覚作曲

二つの風の歌「風」(加藤介春詩)「風のまち」(福永武彦詩)

まどみちおの詩による歌曲「てんとうむし」「アリくん」「どうしていつも」「頭と足」「うたよ!」

「昆虫になった少年」(橋爪文詩)

まどみちおさんの詩によるかわいく、くすっと笑いたくなるような作品集、「二つの風の歌」「昆虫になった少年」は詩の情景が浮かぶようなスケールの大きな作品です。名演です!ぜひお聴きくださいませ!!

2枚組全37曲 FMC5055-5056 税込¥4200

タワーレコード、ヤマハ、山野楽器、JEUJIA十字屋、その他有名ショップ等でもお買い求め頂けますが、当サイトでもお取り扱い致しております♪

「今日もひとつ」混声版、男声版、女声版

2009/09/25

カワイ出版より今週発売されました「ウェディングセレクション」(混声版、男声版、女声版)に、それぞれ「今日もひとつ」が収録されております♪

女声版は合唱組曲「今日もひとつ」終曲。

混声版は1998年に西宮少年合唱団OBのために編曲したものです。

男声版は今回のために書き下ろした新編曲で、この男声版のみ無伴奏となっております。また、出版社のご希望で、通常の男声4部ではなく、あえて男声3部(TBB)に一部div.という編成と致しました。やってみると意外に、形の決まった男声4部よりも自由で多彩な音が想定でき、おもしろい経験でした。4部に分かれるところでも、和音や音の動きによって、Ten.を2つにわけるか、Bar.を2つにわけるか、によって、出てくる音色は違うかも・・・!

価格はいずれも¥1400+税。

今週からすでに店頭に出ていると思います、

ぜひご覧下さい!



御礼♪

2009/09/19

第13回英国歌曲展《いざ花冠を捧げよう》仙台公演、東京公演ともに無事終了致しました!

お忙しい中を足を運んで下さり、暖かくも熱心にお聴きくださったお客様、私たちの貧弱な広報力を強力に支えて下さった先生、友人、家族の皆様、当日まで様々な形で支えてくれたスタッフやお世話になった方々、陰ながら応援して下さったすべての皆様に、心より、あつくあつく御礼申し上げます。本当にありがとうございました!!

ヘンデル・フェスティバル・ジャパン 没後250周年企画第3弾!!

2009/09/01

我々2人が実行委員を務めるヘンデル・フェスティバル・ジャパンがヘンデル没後250年を記念し、企画した演奏会です。

11月21日(土)トッパンホール 全席指定¥9000です。

チェコのチェスキー・クルムロフ城に現存するバロック劇場から、劇場の音楽監督を務めるオンジェイ・マツェック氏と演出家、そして2人の歌手を招聘し、東京のトッパンホールにバロック劇場そのままにヘンデル・オペラの数々の名場面を再現致します。

豪華な衣装も、振り付けもバロック時代のままに演じられるという興味深いもので、既に様々な方面からご注目を頂いております。どうぞご期待下さい!!!

尚、今回の企画に辻裕久は出演いたしませんが、こちらのホームページでも、チケットのお取り扱いをさせて頂きます。

お申し込み、お待ちいたしております。

RSS 2.0

Page Top