ニュース - 2008年09月

第12回英国歌曲展おかげさまで無事終了致しました!

2008/09/28

 第12回英国歌曲展《牧場にそって~ヴォーン・ウィリアムズ没後50年》辻裕久テノールリサイタルⅫ は、おかげさまで無事に終了致しました。

 お忙しい中ご来場下さいました皆様、素晴らしい共演を頂きました東京都交響楽団の皆様、あたたかくお見守り下さいました皆様に、心より御礼申し上げます。

ありがとうございました!!

レコード芸術10月号特選盤に選んで頂きました!!

CD『ヴォーン・ウィリアムズ歌曲集~牧場にそって』を、『レコード芸術』2008年10月号において、特選盤に選んで頂きました!!

“歌の確かさ”

“歌の内容の把握に十分説得力があり、その表現に、聴くものの’耳’を惹きつける魅力が加わった・・・”(畑中良輔氏)

“澄んだ明るい、柔軟性をおびた声は・・・大きく広がる空気感がまずすばらしい。自然の新鮮な空気がじかに頬に感じられる・・・”

“ピアノは声に過不足ない潤滑油を与え、自然と融通無碍に呼吸し、テキストの情感とリズムに陰翳深く沿い、「詩」そのものと化している・・・”(喜多尾道冬氏)

 

暖かく厳しいお励ましを頂いたと思ってさらに精進致します!

 

 

 

毎日新聞「私の3枚」に選んで頂きました!!

CD「ヴォーン・ウィリアムズ歌曲集~牧場にそって」が、2008年9月17日毎日新聞紙上で、「私の3枚」クラシック 第2位に選んで頂きました!(礒山雅先生選)

・・・しみじみとした余情を伝える。愛を込めた誠実な取り組みの、すばらしい成果だ・・・

との身に余る評を頂きました。ありがとうございました!!

 

礒山先生のブログ「I 教授の談話室」に詳しいコメントが掲載されています。

 

CD「ヴォーン・ウイリアムズ歌曲集~牧場にそって」の詳細はこちらへ

 

朝日新聞「for your Collection」に取り上げて頂きました!

CD「ヴォーン・ウィリアムズ歌曲集~牧場にそって」を、朝日新聞2008年9月11日夕刊 「for your Collection」に取り上げて頂きました!(喜多尾道冬氏)

・・・・自然への親しみと旅する気ままな悦び、それに伴う無頼の不安がにじむ。そこから育まれる深い人生観察も。声はバガボンドの哀愁を繊細になぞり、ピアノが詩情豊かに支える。

との、光栄過ぎる評を頂きました。ありがとうございました!!

CD「ヴォーン・ウィリアムズ歌曲集~牧場にそって」詳細はこちらへ

CD『ヴォーン・ウィリアムズ歌曲集~牧場にそって』がリリースされました!

2008/09/07

CD『ヴォーン・ウィリアムズ歌曲集~牧場にそって』がリリースされました!

ディスコグラフィー

河北新報『ピンナップ』にとりあげて頂きました!

仙台拠点の日刊紙『河北新報』に、なかにしをとりあげて頂きました! 本年5月初演の宮澤賢治の詩による合唱曲を切り口に、ことばと音楽の研究、作曲、声楽伴奏家としての活動について、丁寧にインタビューして頂き、紹介して頂きました。

*記事中「英国歌曲展」の日程が9月12日と記載されておりますが、9月28日の誤りです。

ぶらあぼ 9月号 新譜この人いちおし にとりあげて頂きました!

CD「ヴォーン・ウィリアムズ歌曲集~牧場にそって」リリースにあわせて、ぶらあぼ 2008年9月号 新譜この人いちおし のコーナーにとりあげて頂きました! 辻・なかにしが、ヴォーン・ウィリアムズのイギリスらしさとは、などについて語っております。ぜひご覧下さい!!

ぶらあぼ 2008年9月 新譜 この人いちおし!

当ホームページ英語版がリリースされました!

2008/09/01

6月にリリースされました本日本語版に続きまして、英語版がリリースされました。日本語版と同じく、少しずつ内容充実させて参りますので、よろしくお願いします!!

RSS 2.0

Page Top