ディスコグラフィ

タイトル ベンジャミン・ブリテン歌曲集
発売日 2008/09/01
販売元 ファウエム・ミュージック・コーポレーション(FMC-5040)
価格 税込¥2,415
主な曲目 ベンジャミン・ブリテン「冬の言葉」、「民謡編曲集」より、「この島で」
演奏者 テノール:辻 裕久/ピアノ:なかにしあかね
備考 レコード芸術誌準特選盤 店頭在庫切れでご迷惑をおかけいたしておりましたが、2008年9月再販致しました!!(FMC-5074)
試聴 試聴(Windows Media Player) 試聴(Windows Media Player)
お問合せ先 CDのご購入はお問合せフォームからどうぞ

収録曲

“Winter Words” Op.52 Thomas Hardy (1840-1928)
「冬の言葉」 トーマス・ハーディー 詩
1. At day-close in November 11月の黄昏に
2. Midnight on the Great Western (or the Journeying Boy)
真夜中のグレートウェスタン鉄道(旅する少年)
3. Wagtail and Baby (a Satire) セキレイと赤ちゃん(皮肉)
4. The Little Old Table 小さな古いテーブル
5. The Choirmaster’s Burial (or the Tenor Man’s story)
コワイヤマスターのお葬式(テナーマンズストーリー)
6. Proud Songsters (Thrushes, Finches and Nightingales)
誇り高き歌手達(つぐみ、フィンチ、ナイチンゲール)
7. At the Railway Station, Upway (or The Convict and Boy with the Violin)
駅舎にて(または囚人とヴァイオリンを携えた少年)
8. Before Life and After 生命の芽生えの前と後

“Folksong Arrangements” 「民謡編曲集」より
Early One Morning ある朝早く
The Plough Boy 農場の少年
The Miller of Dee ディーの陽気な粉ひき
The Foggy, Foggy, Dew 夜霧の露
The Ash Grove とねりこのしげみ
O Waly, Waly ああ せつない せつない
The Brisk Young Widow 若く朗らかな未亡人
The Last Rose of Summer 夏の名残の薔薇 <庭の千草>

“On This Island” Op.11 W.H.Auden (1907-73)
「この島で」 W.H.オーデン 詩
1. Let The Florid Music Praise! いざ 華麗なる音楽で讃えよう
2. Now The Leaves Are Falling Fast 今や木の葉は落ち急ぎ
3. Seascape 海の情景
4. Nocturne ノクターン
5. As It Is Plenty この通り裕福なのは・・・

「レコード芸術」評論

イギリスはじめヨーロッパでの国際コンクールで実績を上げてきたブリテン歌曲のスペシャリスト。まっすぐで純度の高い声は、中世のリュート歌曲にもふさわしく、また昔のマコーマックを思わせる音色と、ピーター・ピアーズに引き継がれる知的な解釈力を併せ持ち、今世界のイングリッシュ・テナーとして目覚ましい活躍を展開しているポストリッジへの路線を彼もまた継承している。これまでにも<セレナード><イリュミナシオン>等など、手がけた声楽家は日本にも多いが、正統的な解釈と表現法を本場で身につけてきた声楽家はまことに少ないのである。また、なかにしあかね(日本音コン作曲第一位)のピアノが、ブリテン語法を分析し、再構築しての作業が見事な結果を示し、さすが作曲家のピアノだと思わせた。

「レコード芸術」推薦 畑中良輔氏 評

出版社へのリンク

http://www.fauem.co.jp/CD/CDSHOUKAI/5040.html

2008年9月再販しました!

《澄んだストレートな歌声。英国の伝統的なテノール唱法を受け継ぐスタイル。「冬の言葉」における深いのめり込みや「民謡編曲集」の伸びやかな表現に魅力・・・曲の構造に暁通した伴奏で支えるピアノも秀逸》CDジャーナル2008年12月号(再販の部)

Page Top